コンプレックス顔出し!足が臭いダメンズ。

ご覧いただきありがとうございます。当ページは下記の内容で構成されています。

仕事終わりでも足はぜんぜん臭くないんだからねっ!!

仕事終わりの蒸れた足のにおいが気になります。
納豆のようなにおい、雑巾のようなにおいがする人などもいるでしょう。
靴を脱いだ直後の蒸れた足で廊下を歩くとうっすら残る足跡がものすごく汚らしい。
なにより、えげつないにおいが実際に周りに迷惑をかけてしまったことがある、臭い足がコンプレックスなのです。

スポンサーリンク

消臭スプレーや、靴下交換などの事前対策をとっていないときに座敷のお店に行くことを考えるだけでも地獄です。どのツラ下げて参加していいのか分かりません。
もちろん、防臭対策は手間といえば手間です。それでも相手に迷惑をかけるよりはマシと思って影でこっそり対策を続けているのです。
足のにおいは多くの人が気にする悩みですが、僕自身、靴・靴下・素足のそれぞれにスプレーを吹きかけておかないと安心できません

逆に言えば、消臭スプレーや靴下の替えを常に用意しておくことで、
くさい足を最低限回避できます。さらに直接足を洗えれば尚良いですね。
予防対策は基本に忠実に。

問題なのは、僕の足が他の人よりは明らかに臭い事実。みんな多少臭いし、僕より臭い人もいますが、それでも周りに気を遣い、精神的に疲れます。

においに対し何も対策をしないツワモノがいたから、
「臭いんですけど」と伝えたら、「そんなに臭いですか」と自覚のない発言をされ、
こいつヤバイと感じ、疎遠になったこともあります。

スポンサーリンク

今でこそ、僕はしっかり対策しているからマシになりました。
しかし、全盛期の僕は本当に臭かった。仕事が終わった後の足が半端なかった。
原因は、仕事で履いていた靴にありました。靴自体が臭かったのです。
僕はプライベートで履かなくなったエナメル製の靴を
1日8時間も立ちっぱなしの仕事に使っていました。
とっくに見た目も耐久性もにおいも限界に達していたのにさらに1年近く履き続けた
これがこの世に存在する究極のシューズだァ!

臭い靴

足のにおいの予防対策

足のにおいを防ぐには、靴の中の湿度を下げてムレを軽減することが大事です。
具体的には、こまめに靴を脱いだり、靴下を1日に数回交換することが挙げられます。
靴の素材は、人工皮革やナイロン系よりも、汗を吸収し通気性も優れている本革を選ぶべきです。靴自体が臭いときはクリーニングに出すことで対応出来ます。

靴下

一般的な足臭対策では対応しきれない場合は、靴下を機能性のものに変えてみるのも考えられます。足臭い対策サイトの強力消臭靴下リンマー は、売って終わりではなく、靴下の扱い方から足汗対策まで、180日間のメールサポートをしてくれます。サイズ展開も豊富です。

靴の中敷き

靴の中敷き(インソール)に消臭効果のあるものを用意するのも手でしょう。 こちらはちょっと高いけど180日間のメールサポートに加え、30日間の返品保証がついているので、上記の靴下以上に安心して試せるでしょう。もちろん男性用もありますし、黒っぽいシックな色なので「インソール入れてますよ感」も軽減してくれます。成功率93%【足の臭い】解決【菌ピタ君】の詳細はコチラ

足が臭い原因

足のにおいは、表皮ブドウ球菌やバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌が、
汗や皮膚から落ちた古い角質などをエサとして分解することで発生します。

あと、そもそも靴自体が臭いと足にうつる可能性もありますので靴のお手入れも大事です。


↑ ページの一番上へ